人材育成研修で講義を受講

人材育成についての講義を受ける

一人ひとりの従業員のキャリアアップにつながる社員教育を実施するためには、人事担当者や管理職が人材育成についての講義を受けることがとても大切です。最近では、従業員の離職やモチベーションの低下などに悩…

講義を受けてレポートにまとめる

人材育成研修のレポートをまとめることは、学んだことをしっかりと記憶に定着させ、頭の中を整理するためにも効果的な方法です。ですが、レポートにいざまとめようと思っても、なかなか思うようにまとめられない…

レポートを参加者で互いに読み合う

人材育成のための研修で、講義を受講した際のレポートを参加者同士で互いに読み合うことがあります。この互いに読み合うという行為には、様々なメリットがあるということを知っていましたか?メリットの一つとし…

資源である人材を活かして利益の最大化を図る人材育成のセミナー

人材育成のセミナーは、資源である人材を育てて活かし、効率的な働きにより会社の競争力の向上や、利益の最大化に向けて行われます。知識やスキルの向上と役割認識の醸成や、対話力の向上等の期待効果があります。

講義内容を参考にして議論する

講義内容を参考にして、どのようにしていけば自分は会社にもっと必要とされ貢献できるか、日頃の仕事面などから互いに小グループに分かれて議論していきます。そのグループごとに話し合った内容を、最後にまとめて全体に報告します。

会社をもっと良くするために議論する

人材育成研修では、有益な時間を過ごすことができます。これまでの反省点やこれからの課題を見つけ出して、成長していく一つのステップです。多くの研修では、学んだことを活かしてどのような行動をするか…

議論したことをまとめる

講義の内容を参考に議論したことをまとめるのであれば、まずは議論が終わるまでの経過を時系列に振り返ってみましょう。振り返るポイントは議論が始まってからではありません。講義でどのような内容が語…

議論した内容をまとめて発表する

発表の方法1.グループ単位で発表する

講義内容の議論を全体ではなく、いくつかのグループごとに行った場合に使える発表方法です。グループごとにどのような意見が出たか、その意見を受けてさらにどのように話が深まったか、何かしらの結論は出たかなどを発表してもらいます。グループごとの議論の時間に加えて、その議論の内容をまとめる時間も必要になりますが、話し合う機会が多くなるためチームワークを養う目的がある時に有効な方法の1つです。なお、議論の結果を発表するメンバーを決める際にはできれば話し合いで決めるようにしましょう。議論をまとめてくれたこの人にぜひ発表してほしい、発信力のあるこの人がいいなど、その人に発表をお願いしたい理由を表明して、周りの人と意見を擦りわせるのもチームワークを体験する1つのプロセスになるからです。

発表の方法2.1人1人発表する

比較的少人数で研修を行った時や比較的時間に余裕がある場合には1人1人に内容をまとめてもらい、発表してもらうことも可能でしょう。受講者にとっては短時間で要領よく議論の要点をまとめ、分かりやすく発表するプロセスを学ぶ機会にもなります。発言力やプレゼンテーション力を磨くことを目的とした研修をしているならば、多少時間を取っても1人1人に発表してもらうようにすると、より目的に沿った研修を行うことができるでしょう。また、1人1人の発言を聞くことは受講者にとって自己理解や他者理解に繋がります。特に、自分とは全く違う意見を持った人の発言は、視野を広げるきっかけとなりうるでしょう。できれば1人1人の発表を聞いた後にどのような感想を持ったかを記録する時間を取ると、気づきを書き留めておけるため学びが深まるはずです。